ルピエライン 成分

ルピエライン こだわりの成分

 

ルピエラインのその他の成分

 

ルピエラインとは、軽くマッサージしながら塗るだけで、「むくみ・冷え・乾燥」に期待できる温感保湿レッグクリームです。

 

「今まで何を使っても良くならなかったのに。。。」という、これまで冷えやひどいむくみに長年悩まされてきた方たちから絶大な支持を得ているルピエラインには、実は効果を発揮・持続させるためのこだわりの成分にその秘密があります。

 

  1. バニラ豆に含まれる非常に優れた温感成分である『バニリルブチル』を配合
  2.  

  3. 世界中の植物から厳選したショウガ根、トウガラシ果実、インドナガコショウ果実、トウキ根から抽出した天然エキスを贅沢に配合
  4.  

  5. 希少な『クダモノトケイソウ果実エキス』から抽出したパッションフルーツ由来の成分を、特殊テクノロジーによって高濃度配合
  6.  

  7. 収れん・引き締め効果のある濃密な6つの天然エキス『ヒバマタエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、コレウスホルスコリ根エキス』&1つの植物成分『カフェイン』を絶妙なバランスで配合
  8.  

  9. 希少性の高い非常に特殊な超低刺激成分『バラ科植物ワレモコウエキス』を凝縮配合
  10.  

 

豊潤な5つの天然エキス『アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタニアエキス』&6つの植物成分『グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、スクワレン、タイマージリノール酸 ダイマージエタニアエキス』&6つの植物成分『グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、スクワレン、タイマージリノール酸 ダイマージリノレイルビズ、ソルビトール』を潤沢に配合し徹底保湿

 

 

これらの成分の具体的な役割

 

お肌への優しさを第一に考え、添加物や刺激物の配合を徹底的に排除し、選ばれたのが前述した成分ですが、具体的にどんな役割や効果が期待できるのでしょうか?

 

Eで挙げた11の保湿成分が@の『バニリルブチル』の温感成分を長時間閉じ込め、浸透循環させることにより、血行促進、リンパ液の循環、筋肉の緩和などに働きかけ、むくみや冷えの緩和に繋げてくれます。

 

また、Bの『クダモノトケイソウ果実エキス』は、リンパ管にアプローチするため、老廃物の排出や乾燥やシミなどの肌トラブルの解消も期待できます。

 

Dの『ワレモコウエキス』は、人体に低刺激で優しい成分であることから、『ルピエライン』を添付する際の皮膚の荒れや乾燥を防いでくれると言われています。

 

以上のことから、『ルピエライン』は、様々な役割を担った成分が非常に良いバランスで配合されているため、温感効果、血液やリンパ液の循環、引き締め効果、保湿効果などの相乗効果を生み、浸透と循環を外からしっかりサポートすることができるということがお分かりいただけるでしょう。

 

【管理人より一言PR】
女性にとって、足のむくみや冷え、乾燥は大敵ですよね。
情報化社会の現代では、そういった悩みに対し効果的な方法が簡単に入手でき、色々試されている人も多いのではないでしょうか。
そして、自分にあった方法が見つかり、改善が出来た、そういう幸せな人もきっと多いでしょう。
逆に見つけられない人は、そもそも改善する為のネックに躓いていませんか?「例えば日常生活の改善」は言うが安し、人は順応した生活を崩す事は嫌います。
実はとても難しい事で諦める原因の主な理由です。そして実際のその壁を乗り越えたとしても解消できなければショックもヒトシオでしょう。
そこで、当サイトで紹介している、ルピエラインは何をやってもダメ、諦めてしまった人、簡単に実感したいという人に向いている商品です。
サポート成分は17種類の天然エキスと12種類の植物成分配合され、期待が高く、実感もしやすい商品。
また、使い方も簡単で挫折する事なく、使い心地も良いので、リピート者が多くいます。
わざわざレッグクリームを買うのはちょっと、と思われる人も多いと思いますが、初回の人に限り価格が85%OFFとリーズブルに試せるコースがありますので負担も少なくすみます。またイターネットで注文は苦手と言う人の為に、解り易い図解いりで説明もしました。
試す不安はきっと、ルピエラインについて情報が無いからと思いますので、成分の安全性を示す添加物や刺激物のフリーや製造過程での信頼性、そしてメーカーであるイコールヒューマンまで詳しく紹介をしてみました。
まずは信じる事が、近道になるかもしれませんので、ぜひ当、ルピエライン検証サイトをご覧いただき、ルピエラインについて深く知ってみて下さい。



↓不安のない快適な毎日を 85%OFFはこちら↓

ルピエラインボタンはここ